Top >  海外赴任の計画を立てよう >  現地語にも慣れておきましょう

現地語にも慣れておきましょう

赴任先によって言葉は違ってきますね。

赴任先の言語は何語でしょうか?


現地語が理解出来ないままの状態で赴任すると

「勉強しておくべきだった。。。」と必ず後悔します


特に「はい」、「いいえ」や

欲しい」「いらない」、「有る」「無い」などの単語は

買い物をするだけでも必要になる言葉です。


現地語が全く理解できないと

とても生活しづらくなってしまうし、引きこもりがちになってしまいます


なので、できれば赴任前に少しでも

現地語に慣れていったほうが楽しく過ごせますよ


といっても、赴任前に全てをマスターする必要などありません

海外赴任前には、準備で忙しく、勉強する時間などほとんど取れませんからね。。。

ですから、続きは現地に行ってからでもいいのです


「現地語のあいさつがヒヤリング出来る」

または、

「あいさつが多少言える程度」で十分です


現地の言葉を少しでも理解できると

その土地の人とコミニケーションも取れるようになって

とっても暮らしやすくなりますよ(^^)


ちなみに、私が現地語を勉強するのに利用したのは、

阪大フロンティア研究機構で

日本人のために開発された超スローリスニング(スピークナチュラル)でした


雑誌などでも取り上げられているので、

ご存知だと思いますが噂通りとっても良かったですよ

子供も一緒になって勉強しました(^^)


大人になってからの勉強は大変なものですが、

現地の言葉と触れ合いながら勉強できる機会は

誰もが得ることができる体験ではないと思います


私は、海外赴任はつらいものだと思っていましたが

その国に慣れて、言葉に慣れて、少しずつ海外での生活を楽しめるようなると

「すごく貴重な体験をしているんだな〜」と前向きなりました(^^)


なので楽しい赴任生活を過ごすためにも

少しでも時間を取って現地語に慣れておきましょう


         

海外赴任の計画を立てよう

「海外赴任」となると不安も大きいですよね
ここでは海外赴任までの準備の方法などをまとめました
いろいろと参考になると思います(^o^)丿

関連エントリー

大まかなスケジュールを立てる
赴任先の情報を集めましょう
事前に購入しておくものとは
健康診断を受けましょう
予防接種を受けましょう
子どもの教育準備をしましょう
今住んでいる住宅について
車の処分について
日本での連絡先を決めておく
現地語にも慣れておきましょう




奥様のための海外赴任準備【無料】メールセミナー 海外赴任経験者だけが知っている
準備技を無料でお届けしています
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録