Top >  生活に関する諸手続き >  公共料金の手続きについて

公共料金の手続きについて

海外赴任で家を空けるまたは引き払う場合には

電気・水道・ガスなど公共料金の手続きも必要ですね。


電気については、電気を停止する1週間から2日ほど前に

連絡して当日清算に来てもらいましょう。


水道についても1週間ほど前の連絡で

当日清算に来てもらうことができます。


ガスは都市ガスとプロパンガスで手続きが違ってきます。

都市ガスの場合には1週間ほど前に

ガス会社へ連絡をして当日清算してもらいます。


プロパンガスも同様に1週間ほど前の

連絡で良いと思いますが会社によって手続きが

異なりますから事前に確認しておきましょう。


電話も手続きが必要です。


電話を引越しなどで取り外す必要がある場合には

最低でも10日前までに連絡したいですね。


電話はシステム上当日の清算ができないようですので

日本の連絡先へ請求書を送ってもらい支払うようにしましょう。


NHKへも早めに連絡を入れて

年払い・半年払いなどの場合は清算してもらいましょう。


公共料金は手続きをしないと基本料などがずっとかかってしまいます


忙しくてついつい忘れてしまいがちな手続きですが

大切なものですので引越しの日程が決まったら

早め早めに連絡を済ませてしまうように心がけましょう

         

生活に関する諸手続き

海外赴任の準備として、一番ポイントとなる
生活に関する諸手続きをまとめました

関連エントリー

転出届けと税金の手続き
公共料金の手続きについて
年金の手続きについて




奥様のための海外赴任準備【無料】メールセミナー 海外赴任経験者だけが知っている
準備技を無料でお届けしています
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録