Top >  生活に関する諸手続き >  年金の手続きについて

年金の手続きについて

海外赴任の際の年金の手続きはどうしたら良いのでしょうか。


日本国籍を持っている人であれば

海外赴任をしても年金に加入することができます


年金に加入することができる人は年齢20歳から65歳未満です。


もちろん配偶者についても

国内と同様の扱いで加入することができます。


ただし、海外での赴任先が

厚生年金の適用されない現地の会社になる場合には

加入ができなくなることがあります。


その場合には国民年金に加入しておかないと

未加入期間ができてしまうので注意しましょう。


国民年金に加入するための手続きは

日本国民年金協会から申込書を送付してもらって手続きします。

また大使館などにも国民年金の申込用紙が置かれています


それ以外に日本国内の勤務先からも年金加入の手続きができる場合があるので

確認してみると良いと思います。


私たちが海外赴任した時は

全て日本国内の勤務先が手続きをしてくれました。


ほとんどの場合勤務先が手続きをしておいてくれると

思いますが「加入漏れが無いか?」だけは

きちんと確認しておいたほうが良いでしょう。


海外赴任の結果、年金が未加入になってしまうことなどの

無いように気をつけましょう。

         

生活に関する諸手続き

海外赴任の準備として、一番ポイントとなる
生活に関する諸手続きをまとめました

関連エントリー

転出届けと税金の手続き
公共料金の手続きについて
年金の手続きについて




奥様のための海外赴任準備【無料】メールセミナー 海外赴任経験者だけが知っている
準備技を無料でお届けしています
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録