Top >  子どもの学校について >  転校・転園について

転校・転園について

海外赴任に子どもを帯同する場合には

子どもの教育を第一に考えたいですね


子どもを転校・転園させようと思う学校があれば

赴任前に連絡を取ってみましょう。


日本人学校への転校であれば言葉の問題はありませんね。


でも、現地校インターナショナルスクールしか

無い場合にはどうしても初めは言葉に馴染みづらいかもしれません


現地校やインターナショナルスクールへの転校を考える場合には

少しでも現地の言葉に慣れてから赴任することをおすすめします


我が家も現地語をマスターするために

超スローリスニング(スピークナチュラル)を利用しました

ネイティブスピーカーの発音は聞き取りにくいからですね


雑誌などでも取り上げられているので、

ご存知だと思いますが噂通りとっても良かったですよ

子供も一緒になって勉強しました(^^)


慣れてしまえば子どもはすぐに言葉を覚えますが

慣れるまでのストレスは相当のものです


実際に身近に引っ越してきたご家庭のお子さんは

転校と言葉のストレスで蕁麻疹が出てしまうほどでした。


体調にまで精神的なストレスが現れてしまうと親も子も本当に大変です。

子どもの年齢が高学年になるほどどうしてもストレスも大きくなるようです。

日本人学校への転校の場合であっても転校のストレスは相当辛いものだと思います


子どもは適応能力が高いので

慣れるまでの時間はそれほどかからない場合が多いですが


転校に対するプレッシャーはとても大きいと思いますから

慣れるまでは十分気をつけて見ていてあげて下さいね


子どものストレスを軽減できるようできるだけ配慮して

子どもにとって楽しい海外生活になるようにしてあげましょう!

         

子どもの学校について

引越先の学校関係手続きをまとめました

関連エントリー

転校・転園について
転校の手続きについて




奥様のための海外赴任準備【無料】メールセミナー 海外赴任経験者だけが知っている
準備技を無料でお届けしています
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録